オーストラリア短期留学(ホームステイ)

オーストラリア留学 ホームステイ

オーストラリアの気候と服装(シドニー・ゴールドコースト編)

オーストラリアの季節:

春:9月~11月、夏:12月~2月、秋:3月~5月、冬:6月~8月

オーストラリア(シドニー編)

シドニーの気候

南半球のオーストラリアでは季節が日本とは正反対です。
シドニーも日本同様に四季はありますが、冬期も日中は日本ほど気温が下がることは無く、1年を通してして過ごしやすい気候です。

ただ、夜間は気温が下がるなど1日の気温差が大きいこともよくあります。

平均晴天率は2/3で、特に降雨量が多い季節も無く1年中滞在を楽しめます。

シドニーの服装

12月~2月は昼間はかなり暑くなりますので基本的には日本の真夏の格好と同じで過ごせます。

昼間はハーフパンツのようなものがあると過しやすいです。
夜は涼しくなりますのでうすでのジャケットがあると良いでしょう。

 

3月~5月は昼と夜の気温差が出やすい陽気です。
昼間猛烈に暑くても夜肌寒い事もあります。 半袖のTシャツとトレーナーのような服。
それにあわせて上着があると良いでしょう。長袖のシャツに薄手のジャケットでも良いでしょう。

 

7~10月は朝、夜は寒いですのでジャンバーやコートが必要です。
日本の冬の格好(又はそれより一枚少ない)で過ごせます。
例えば、「肌着、シャツ、コート」等で過ごせます。
昼間ならコート無で十分可能という日も多いです。

 

6月、11月。とても予測が難しい月です。
うすでのジャケットでは寒すぎる日や昼間ものすごく暑い日。

6月の朝、夜は基本的には寒いですのでやや厚手のジャケットがあると良いでしょう。

11月はそれほど分厚くない長袖を朝、夜用に持っていれば良いでしょう。

オーストラリア(ゴールドコースト編)

ゴールドコーストの気候

南半球のオーストラリアでは季節が日本とは正反対です。

ゴールドコーストは亜熱帯性気候で、一年を通して300日くらいは晴天に恵まれます。

また、日本のようなじめじめした湿気がなく、夏でも海からの涼風によって過ごしやすい気候です。

ただ、日中の最高気温が35度まで上がり、日差しがとても強いので、
日焼け止めとサングラスは必需品です。

冬は半袖でも過ごせるほど温暖ですが、朝夜はやはり冷え込むので、
何か軽くはおる物があると良いでしょう。

ゴールドコーストの服装

春(9月~11月)

この時期になると、昼間は半袖で過ごせる気候となります。
日本からは羽織るものを持って行けば十分です。

朝晩もしくは雨の日等は、冷え込む事もございますので、1枚ぐらい長袖を持って来られた方が良いかもしれません。

夏 (12月~2月)

ノースリーブ、半袖で過ごせます。 紫外線対策は忘れずに!

秋 (3月~5月)

まだまだ、とても暑いです。5月のGW過ぎたあたりから、涼しく感じる日が多くなるでしょう。

冬(6月~8月)

6月、7月が一番寒いと感じる時期かもしれません。
ですが、昼間の気温と、夜の気温差が非常にありますので、冬と言っても暑い日は暑いです。
夜は、長袖、長ズボンで寝ましょう。

オーストラリア・ホームステイのメリッ(シドニー・ゴールドコースト編)

オーストラリア(シドニー編)

オーストラリア人としてみれば、西洋人の中でも大らかな人が多く、皆物事をはっきり口に出していいます。

オーストラリアの中のシドニー人としてみれば、他の都市の人に比べ忙しいと思います。
休日になるとそうでもありませんが、特に週の中日はせわしいイメージがあります。

移民の国の特徴といえると思いますが、この国、特に移民が多いシドニーでは、自分が自分らしくステイできる街。

生活する人が移民に慣れていて、ジロジロ見られることもありません。

特に日本人に良い印象があるこの街では、そして同じアジア人でも中国人やベトナム人に比べ数が少ない日本人は滞在しやすいと思います。

またホームステイを手配する側からいえば、日本人は非常にウェルカムな人種です。日本人しか受け入れない家庭というのは多くありますが、中国人しか受けないという家庭は中国人家庭くらいのものでしょう。

また南アメリカやヨーロッパ人の受け入れ家庭は極端に少なくなります。

日本人より自立した南アメリカ人やヨーロッパ人を好んで受け入れる家庭はそもそもゲストに構う気がないといいますか、そこにプライオリティがない場合が多いです。

逆に日本人しか受け入れない家庭というのは、きれい好きであることが似ている、ガチャガチャしていない、より洗練されている、家族や住人のつながりを大切にしてくれる、こんな違いがあると見受けられます。

ホームステイの受け入れ家庭の総合的な評価は、最終的に皆さまが判断すると考えておりますがそれでも、日本人に対する評価が良いことは嬉しいことですね。

他、滞在中に恩恵を受けるとすると「食べ物」でしょうか。

100カ国を超える国から移民が集まる街ですから、本国の味を持ってくるレストランには事欠きません。

 

日本ではなかなかお目にかかれない珍しい料理やレストランはここそこにありますし、オーストラリア人の味覚は日本人と似ている点も◎。私たち日本人は非常に他人に対して厳しい国民だと思います。

もちろん自分に対しても厳しいのでしょうが、周囲の人に対する評価基準は非常にレベルが高いですね(苦笑)。

比べ、オーストラリア人は自分にも甘いですが、他人にも甘い(良いかどうかは別として、ですが・・・)お互い幸せなら、楽しければいいじゃない、的な発想が根本にあると思います。

1週間の滞在でも、良かれ悪しかれ、オーストラリアのいい加減さ、イージーさは垣間見ることができると思います。

相互を受け入れる懐の深さは、やはり都市を違わず、彼らの共通した根っこの部分にあるものかもしれません。

オーストラリア(ゴールゴースト編)

オーストラリアは移民国家、多民族国家といわれ色々な国籍の人が暮らしていますが、その中でもゴールドコーストは多くのオーストラリア人が終の棲家にしたいと憧れている土地です。

世界、そしてオーストラリア中の人が集まっていて外部からの人に対しての優しさ、古きよきオーストラリアのマイトシップ(厳しい移民時代の助け合い精神)が残っています。

ホストファミリーも、シドニーやメルボルンといった都会からリタイヤ後の生活の場としてゴールドコーストを選んでいる人も多く、生活のゆとりをしっかりと確立した中でゲストの受入をしています。

この生活のゆとりがホストファミリーとして最も大切な要素であることは言うまでもありません。

温暖な気候や、治安のよさとも相まって住宅(生活)環境の素晴らしさは世界にも類まれないでしょう。

サーファーズパラダイス、ブロードビーチ、サウスポート地域のバスターミナル、ショッピングセンターにどの家庭からも最大30分圏内といった都会的な便利さと、徒歩でも行ける40キロにもわたる金色に輝くビーチや世界自然遺産に指定されている国立公園間までも車で1時間といった大自然との見事な調和のなかで、ゆったりと生活をすることが出来ます。

オーストラリア・ホームステイのメリット(シドニー・ゴールドコースト編)

オーストラリアの基本情報に関しましては、下記のサイトがオススメです。

オーストラリア大使館:http://www.australia.or.jp/

オーストラリア政府観光局:http://www.australia.com/jp/

オーストラリア現地スタッフによる現地レポート(シドニー編)

オーストラリアを知りつくしたプロが、シドニーならではの情報を現地レポート!(ガイドブックには載っていない、現地情報が満載です。)

VOl.1 オーストラリアを知る!シドニーを知る!
VOl.2 シドニー車事情!
VOl.3 ブルーマウンテン
VOl.4 オージーBBQの真髄

オーストラリア短期留学(ホームステイ)プラン

シドニープログラム

ホームステイコース
プチ留学(ホームステイ&英語個人レッスン)コース
プチ留学(英語教師宅ホームステイ&英語個人レッスン)コース
ボランティア体験(保育)コース
ボランティア体験(動物愛護)コース
親子留学(親子ホームステイ)コース

ゴールドコーストプログラム

ホームステイコース
プチ留学(ホームステイ&英語個人レッスン)コース
ボランティア体験(幼稚園ボランティア体験)コース
親子留学(親子ホームステイ)コース

オーストラリア短期留学(ホームステイ)体験談

ホームステイ体験談 オーストラリア留学 ホームステイ 体験談 ホームステイ体験談3

オーストラリア留学 ホームステイ 体験談 オーストラリア留学 ホームステイ 体験談 オーストラリア留学 ホームステイ 体験談

オーストラリア留学 ホームステイ 資料請求
オーストラリア留学 ホームステイ 体験談 資料請求
オーストラリア留学 ホームステイ 相談オーストラリア留学 ホームステイ カウンセリング

このページの先頭へ