ホームステイ体験談【カナダ・大学生】 No.147

【大学生】ホームステイ&語学学校&保育ボランティア体験 Y.N.さん

留学をしようと思った理由は、いつも違う環境で1人で過ごすという経験をしたいと思ったからです。海外での生活の中で、様々な場面で苦労して、自分で問題を解決できるように
なりたいと思いました。また、住んでいる国が違う人は自分とは違う考え方、価値観を持っているだろうと思い、様々な考え方の人に出会ってみたいと思ったからです。

私は語学学校と幼稚園ボランティアを組み合わせたプランがあるエージェントを探していて、グローバルセントを見つけました。事前のサポートや現地でのサポートが手厚いこと、
細かいことを質問しても丁寧に対応してくだったことが、グローバルセントを選んだ決め手となりました。

出国前の手続きは、全て適切なタイミングにやるべきことを指示してくださったので、とてもスムーズにできました。

ホストファミリーはとても優しく、私が何か話すと、そこから話題を広げてくれたくさん話してくれました。カナダについて色々知りたかったので質問をすると、詳しく教えてくれて、カナダと日本の違いをたくさん知ることができました。私が理解ができなかった時には簡単な単語で言い換えてくれました。

語学学校で出会った生徒はみんな優しく、フレンドリーに話しかけてくれました。様々な国から来ている人に、カナダに来て英語を学んでいる理由や将来の夢、やりたいことについて聞くと、それぞれ目的を持って英語を学んでいて、感心してしまいました。

話していると国による文化、習慣の違いがたくさんあることに気づき、面白かったです。
積極的に多くの人に話しかけるように意識しました。多くの人が自分の将来の夢について
アドバイスをくれたり、励ましてくれて嬉しかったです。授業中はみんなが自由に自分の意見を言うから、話がどんどん広がっていて終わらなくなることが良くありました。自分の意見をしっかり持っていて、それを伝えようとする姿勢を見て、自分もこういう風になりたいと思いました。尊敬できる友達にたくさん出会えて本当に良かったです。

デイケアのボランティアでは、子供の言っていることが分からず、自分の英語が子供に伝わらなくても、子どもは気にせずなついてくれることを知りました。どの国の子供も同じ行動をするんだということも感じました。事前に、デイケアで先生がよく使う言葉を調べておいたら、実際に本当に使われていて驚きました。先生の方針に合わせようと思い、先生が子供を注意するタイミングを観察していました。また先生が注意する時に使っている言葉を真似して使うようにしました。日本の先生よりも厳しく注意していた印象があります。

七夕についての絵本を日本から持って行き、読み聞かせをしましたが、少し内容が難しかったようでした。絵本に関連してた作品作りもやってもらいました。カラフルな星を自由に貼りつけてもらったり、織り姫と彦星の顔を描いてもらったりして、楽しんでもらえました。
同じこととしていても、飽きやすい子と最後までできる子がいると感じました。

町を歩いているとカナダにいる人のフレンドリーさを実感しました。知らない人に話しかけられることもありました。お店に行っても店員さんが”How are you?”などと話しかけてくれ、とても心地よかったです。バスや電車で日本にいる時よりも頻繁に、お年寄りに席を譲る姿を目撃しました。ときには運転手が席を譲るように指示することもあるらしく、素晴らしい文化だと感じました。カナダにいる人の人柄にすごく惹かれました。

 

これからホームステイする人には、積極的に色々ホストファミリーに質問してほしいと思います。私はカナダについてのことや、おすすめの洋画があるかなど聞いていました。語学学校でも同じ人とずっと話すのではなく、多くの人と話すのが良いと思います。

 

3週間だけでしたが、カナダで過ごした時間は私にとって新鮮なことばかりで、とても貴重な経験ができたと思っています。自分で考えて行動することが前よりもできるようになったり、積極的になれたと思います。出会った人がみんな私を受け入れてくれ、優しくしてくれたことが本当に嬉しかったです。

<ホームステイ体験談TOPページへ>

ホームステイ 資料請求ホームステイ 見積ホームステイ 相談ホームステイ カウンセリング

このページの先頭へ