ホームステイ体験談【カナダ・社会人】 No.36

ホームステイ体験談

ホームステイ=学生がするものという勝手な印象を持っていました。

実際、学生の時にホームステイに行ったことがあるものの、社会人になるとまとまった長期の休みをとることも難しく、1週間弱の海外旅行にいける程度だったからかもしれません。

今回私が旅行をホームステイの形で選択したのは、ほとんど思いつきでした。
体調を壊して退職をし、療養とリハビリに専念する日々にちょうど飽きていた時期だったこともあります。体調も安定してきたことだし、せっかく時間があるなら旅行へ行きたい。周りの友人は仕事があるので時間をとることは難しい。あくせくと観光をするよりは、1つの場所でのんびりしたい。言うなれば、「どこか行きたいな~」程度の気持ちで、この時にはまだ目的の国も決まっていませんでした。

そんなときにインターネットでグローバルセントさんのHPを拝見し、カナダでのカルチャーステイというコースがあることを知りました。特に“パイ作りレッスン”コースに興味を持ち、まだ情報収集の一環のつもりで問い合わせをしたところ、早速丁寧な見積書が届きました。

この時、実は学生の時に利用したことがある大手留学斡旋会社へも資料取り寄せを依頼していたのですが、その時点でいくつかのプランを想定した見積書を添付してくださっていたのはグローバルセントさんだけでした。

その見積書がわかりやすく、料金体系が明確であったことに安心感を抱き、実際に問い合わせをしてみたところ、“プログラムに合わせて出発する”のではなく、“希望する日程や希望するコースに合わせてプログラムを組める”という点に惹かれ、ぐっと旅行への気持ちが高まってきました。

そして、ここまで対応いただいた流れがとてもスムーズで、私の視点に立った提案をしてくださるという印象が強かったことがグローバルセントさんにアレンジメントをお願いする決め手となりました。

 

今回の旅行の目的を聞かれた際、「勉強というよりものんびりリラックスしたい」というこちらの漠然とした(恥ずかしいくらいです・・)希望をお伝えしたところ、後日提案してくださったのが、今回ステイしたご家庭でした。

バンクーバー郊外で、趣味でファームをされているご家庭。専業主婦のママがいて、手作りパイも石鹸作りも教われる、という希望通りの環境です。
それでも移動に際しての不安や、体調の面での心配、細々とした疑問がわく度に、その都度メールや電話で丁寧に相談に乗っていただき、安心して出発の日を迎えることができました。

ステイ先での体験は、素晴らしいものでした。パイ作りと自宅での英語のレッスンはコースに組み込まれていましたが、それ以外の時間もママと一緒にお買い物へ行ってランチをしたり、一緒に夕食を作ったり。気分転換に弾かせていただいていたピアノで、あちらのお子さんと話が弾んだり。なんてことない日常ですが、フレンドリーなご家族と、窓から見える広大な景色に毎日癒されていくことを実感する日々でした。

現地コーディネーターの方もとても親切で、心配に思うことを伝えるとすぐに対応してくださり、心強く安心して過ごすことができました。ママとのバンクーバーへの日帰り観光や、アメリカとカナダの国境沿いの海や町を散策する現地ならではのツアー、ご近所での乗馬の体験など、思い出に残るアレンジをたくさんしていただきました。

のんびりできる時間を尊く感じるのは社会人になったからこそ。それならば、ホームステイ=学生のもの(勉強)、だけではなく、大人になった今だからこそのホームステイの楽しみ方もあるのでしょう。

また、ホームステイは滞在先によっても左右されます。
大手だから安心というわけでもないことは知っていましたが、それならその反対なら安心かというとおそらくそんなこともないでしょうし、今回もグローバルセントさんの日本での対応が信頼できるものだったこととは別に、ある意味“賭け”だなと思って出発しました。
どんなに条件が揃ったステイ先でも、お互い人間ですから、合う・合わないがあることも想定していたのです。

わからないことは聞く、できないことは伝える、できることは積極的に手伝う、この3点だけは意識して過ごしましたが、コミュニケーションの齟齬もなく快適に過ごすことができたのは、運が良かったのではなく、ステイ先の環境も考慮した上でアレンジをしてくださったグローバルセントさんのおかげです。

現地コーディネーターの方とステイ先の方との関係性を見ても、ビジネスとして接しているというより、人と人として接していることが窺えました。そういったスタッフを持つグローバルセントさんだからこそ、安心してお任せすることができるのだと思います。

ステイ先のご家族、現地のコーディネーターの方、その方達に繋がるきっかけを作ってくださったグローバルセントさん。本当にありがとうございました。

再会できる日を願って・・。次の旅のときにもよろしくお願いします。

<ホームステイ体験談TOPページへ>

ホームステイ資料請求
ホームステイ資料請求ホームステイ相談ホームステイ カウンセリング

このページの先頭へ