ホームステイ体験談【ニュージーランド・高校生】 No.81

ホームステイ 体験

今回、体験談として私の3週間のホームステイ体験について手紙を送らせていただきます。

出発前は申し込みを電話でしたのですが、一つ一つ丁寧にわかりやすく説明して下さって、その時点で安心しました。

また、出発日やその1週間前などにメールで連絡をもらうことで、グローバルセントという会社に大切にされているんだと感じました。

現地では、日本人スタッフの方が温かく迎えて下さいました。

空港へ迎えに来て下さっていた方は、私が緊張して無口になっていたらタクシーの中でどんどん話題を提供して下さってうれしかったです。
オークランドのオフィスのスタッフの方は、とてもやさしくて学校やホームステイ先での不安や悩み等を聞いてアドバイスをしてくれたり、たまに心配してホームステイ先へ電話もかけて下さいました。

オフィスは居心地がよく毎日学校が終わった後に寄っていました。オークランドの観光地やいいお土産屋さんも教えてもらいました。

一番私が思ったのは、日本人スタッフの人がいたからこそ良い思い出となっているんだということです。

私は2週間しか語学学校へ行っていませんが、初めての週に入ったクラスは、10週間サークルの最後の週だったらしく、授業の内容が難しくクラスメートや先生の言ってる事が理解できず、特に午後の実践の授業は全く参加しているというよりただ教室にいるだけという感じでした。

ある日、グループで新聞を作ろうという授業があったのですが、私は先生の言っている事があまり理解できず、自分が何をしなければならないのか分からず、同じグループの人に任せっきりになってしまい、その人がなんでグループでやる事なのに皆は何もやらないんだと怒ってしまいました。その日から私は学校へ行きたくなくなりました。

学校の帰りにオフィスに寄ってその話を聞いてもらったら、すごく楽になったし、日本人は考えこみすぎてしまうところがある、それに外国人はその日怒っていても明日には直っていると聞き安心しました。

夜心配して電話もして下さいました。

次の日、勇気を出して学校へ行ってみると、スタッフの人が言っていた通りすっかり普通に戻っていました。
その時、日本人スタッフの方のありがたさを実感しました。

次の週は、クラス替えをして新しいメンバーになり新しい友達ができました。
その週は本当に学校が楽しくもっと通いたいと思ったくらいです。

ホームステイは、自分の思っている事が自分の知っている単語で伝えられないこともありましたが、ホームステイ先のファミリーは何とか私の伝えようとしている事を理解しようとしてくれるし、私が聞きとりやすいようにゆっくり話してくれました。

初めは会話の数も少なく無口な日もありました。しかし日に日に会話数も増え、お手伝いをしたり、家族の話をするといいと思いました。ごはんもとてもおいしくて日本食をけっこう作ってくれました。

今回ニュージーランドへ行って感じたことは、

勇気を出して行ってみると、もちろん良いことばかりがあるわけじゃないけど、自分に自信が持てるようになるし、常に英語の環境にいるから英語に触れたいなら行くべきだということです。

学校では他国の友達ができるし、新しく知ることもたくさんあって本当に楽しい場所だと思います。

これから留学することを考えている人には、

留学中は私のようにつらい経験をすることもあると思いますが、現地にはとても親切なスタッフの方がいるので安心できます。

それに出発前の不安もどんな小さなことでも小林さんが聞いて下さるので大丈夫です。

私は今回ニュージーランドへ行く前は、家族とはなれて3週間も生活したことがなく、飛行機も一人で乗るのは初めてでした。

しかし人見知りする私が初めて会う人と生活を一緒にできるかも心配でしたが、現地の人は皆とても親切だしすぐ仲間に入れてくれました。

始めは不安でも現地は日本人の方もいるので困った時は相談すればいいと思います。

自分で決めて行く留学ならば必ず行く前と帰ってきた後では心に余裕ができていると思います。

留学先では本当にいろんな経験ができるし、日本じゃないからこそ本当の自分を出せるような気がしました。
だから一度勇気をもってチャレンジしてみるべきだと伝えたいです。

私も今回のホームステイ&語学学校で英語をもっと勉強したいと思ったし、機会があればまた行きたいと思っています。

本当に良い思い出ができました。ありがとうございました。

<ホームステイ体験談TOPページへ>

ホームステイ資料請求
ホームステイ資料請求ホームステイ相談ホームステイ カウンセリング

このページの先頭へ