ホームステイ&保育ボランティア@オーストラリア(高井真由さん)

ホームステイ&幼稚園ボランティア

オーストラリア(シドニー)で、ホームステイ&幼稚園ボランティア体験コースに、高井さんにご参加いただきました。

高井さんは、昨年、オーストラリア(ゴールドコースト)のプログラムにご参加いただき、今回は2回目の参加となります。

今回は、来年以降の長期留学の下見を兼ねて、将来の夢の第一歩として当社のプログラムを選んでいただきました。

帰国後、直ぐにメールをいただきました。

「小林様
お世話になっております。
今回の旅は前回以上にとっても素敵でした!
何よりホストファミリーとの相性がよくて毎日がとっても幸せでした!
デイケアのボランティアも学ぶことがたくさんあって、さらに自分の将来に向けて一歩前進できました!

本当にありがとうございます。

現地ではスタッフの方にもお世話になり短い時間でしたが色々お話しすることができました。
素晴らしい方ですね^^

また来年の長期ステイに向けてご相談したいことも山ほどありますので
もしお時間ありましたらまた直接お話しする機会を設けていただけたら嬉しいです。

少し疲れも残っていますが・・体調もよく元気です!

小林さん。本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします^^ 高井」

というメールをいただきまして、前回以上に、高井さんにとって有意義な時間になったことを本当に嬉しく思っています。そして、高井さんとのご縁に感謝です。ありがとうございました。

早速、第一弾の体験談(準備、到着遍)が届きました。

毎日お忙しい中、体験談の為に時間を使っていただいたことに心から感謝いたします。

【出発前 8月10日(金)】今回は昨年に続き2回目の渡豪ということもあり、緊張はまったくしていませんでした。荷づくりもギリギリまでやらない。新しい洋服や旅行グッズを買うわけでもなく 自分自身こんなに余裕な気持ちでいいの??と自分に問いかけたくなるくらいでした。なにより驚いたのがスーツケースの軽さ!
去年は気合いをいれすぎて、重量オーバーになってしまうほど色々なものを詰め込みました・・
でも今回は必要最低限のものしか入れず、スーツケースが軽い軽い!
すごく幸先のいいスタートでした♪

しかし・・いざ空港に着くと。。急に不安が。。
不安の正体は「去年とはちがう」ことでした。

去年はただ楽しもう!いい思い出をたくさん作ろう!とひたすら前向きでした。
でも今回はちがいました。

今回の渡豪の大きな目標は「夢に向かって必ず!!一歩前進することでした。

来年の長期ステイに向けて、シドニーはどういう街なのか?どんな人々がいるのか?

ホストファミリーは歓迎してくれるか?保育園ボランティアはうまくいくのか?

ここで失敗したらまた一から自分の将来について考えなおさなきゃいけない。。

今回の旅は自分の将来の道筋を左右させる大事な旅だ!!

と思えば思うほど・・どんどん不安になっていきました。。

オーストラリア ホームステイ

とりあえず飛行機に乗り。爆睡・・
あっという間にシドニー上空に到着。

ふと窓の外をみてみると・・なんとオペラハウスとハーバーブリッジが!!
テレビで見るよりずっと綺麗にそびえたっていました。

なぜかそれをみた瞬間。。

自分がシドニーに降り立つことが急に実感!

前に進まなきゃ!しのごの考えず自分らしく楽しめばいいんだ!

そうすればおのずと結果はついてくる!と一気に気持ちが晴れやかになりました。

さすが私!単純です!笑

いよいよシドニーの旅の幕開けです!!

【シドニー空港でのハプニング!? 8月11日(土)】

空港に到着。機内から外に出てシドニーの地の第一歩!

・・・寒い!!

シドニーは冬。
朝晩は寒いと聞いていましたが。ひんやり驚くほど寒かったです。

出国審査。税関。荷物の確保。順調に終わり、いざシドニー現地スタッフさんとの
待ち合わせ!CゲートとBゲートの中間あたり~・・と思って探しましたが。

いない!!私のネームカードを持ってる方がどこにも!!
ひたすら自分のネームプレートを探しました。

空港には朝にも関わらずたくさんの人!人!人!
到着30分でいきなりハプニングにあいました。
(実際は、到着直ぐのことで少し焦っており、ネームカードを見落としていたようで。。)

とにかく・・落ち着いて。
メモしておいた現地スタッフさんの番号に電話しました。
目の前に公衆電話があり。そのすぐ横のVODER PHONEのお兄さんに両替をしてもらい。
そこで初めて英語を話しました。

・・通じました。安心。

電話をかけるとすぐ「HELLO?」と英語!

・・外国人さんか~!!と思ったところ。

すぐ「もしもし?」と・・日本の方でした♪

とにかく迷ってしまったことと自分の居場所を告げ電話を切ると。

向こうから背の高いスタイルのいい美人のお姉さんが「高井真由」とい
ネームプレートを掲げて迎えにきてくれました。

これが現地スタッフさんとの出会いでした。
JUNKOさんがとっても気さくな方で、細い腕で私のスーツケースを軽々もってくれました。

二人で駐車場に移動。空港から一歩外に出た瞬間・・

さむ~~~~~~~~~~~~~~~~い!!!!

風邪はびゅーびゅー!期待していた青い空はどんより灰色。
向かい風に身を切られるようなそんな寒さでした。

空港は土曜日の朝8時過ぎにも関わらず、たくさんの人!
駐車場から出るのも大変時間がかかりました。。

車の中ではJUNKOさんの御家族の話。オーストラリアにきたきっかけ。
私のホストファミリーの様子についていろいろお話を聞きました。

一番気になっていたホストファミリーのことについては・・

「と~にかく明るいから!!」と一喝。

パパのGarryのことは「子供たちよりず~っと子供だよ!」とのこと。

写真や動画を撮影することを前もって了解をもらっていたのですが、
それについてママのAngelaの反応を聞いてみると。

「ぜ~んぜん!!好きなだけ撮ってちょーだい!!」と話してたとのこと。

子供達のことは「とにかく元気できっと真由ちゃんにまとわりついてくるから!」

とそんなホストファミリーの様子をめちゃめちゃ明るく話してくれました。

それでもまだ少しきんちょ~。。自分が気に入られるか・・
どういうキャラクターで行けばいち早くなじめるか。。などなど
いろいろ考えていました。。

空港近くのカフェでJunkoさんとオリエンテーション。

オーストラリア ホームステイ

シドニーシティのオススメのカフェ。保育園からステイ先までの行き方。バスの乗り方。
シティの危ないところ。などなど。
Junkoさんが持ってきてくれたガイドをみながら約1時間ほどお話ししました。

そしていよいよ!!ホームステイ先へ移動です!!

【ホストファミリーとの出会い 8月11日(土)】

いよいよホストファミリーのお宅へ!
空港近くのカフェからだいたい20分くらいとのことで、その間車の中からシドニーの街中をみていました。

去年行ったゴールドコーストより街が・・地味でした。

シドニーシティからだいぶ郊外な上に、まだ朝の10時すぎだったので人が少ないというのもありましたが。。
お店にはシャッター。人通りはすくない。建物はちょっと薄汚い・・
そんな雰囲気の町並みでとっても地味でした。笑

車の中ではオーストラリアは離婚率が非常に高いこと。
ママのAngelaはお酒が大好きなこと。などなどお話しました。

20分ほど走ったところでステイ先のMatravilに到着したころまたまたハプニング!!

なんと通り道のバナロンロードが工事中で封鎖!
Junkoさんかなり困惑されていました。。なんとか回り道をし、ようやくステイ先に到着!

着いた時、Junkoさんか少し待ってて~とのことで車内にいると。。
家から2歳のSashaを抱いたママのAngelaがお家からでてきてくれました。

待てず私も車外へ!Angelaが抱いていたSashaを見た瞬間!!

「かわいい~~~~~~~~~~~~~~?」

オーストラリア ホームステイ オーストラリア ホームステイ

不安や緊張が一気に吹き飛びました!!

くりくりのお目め。ぷにぷにのほっぺた。ブロンドのさらさらな髪。
ちょっと恥ずかしがりながら「Hello?」と言ってくれた可愛い声。
もうとろけちゃいました。。

Angelaも満面の笑みでお出迎えしてくれました。
眼鏡をかけて髪をゆわいてかなりラフな格好で出てきたAngela。
親しみやすいママだな~と感じました!

パパのGarryも出迎えてくれて握手。
「Hi!Garryサンデス」といきなりの日本語!
会った瞬間から笑いが絶えませんでした。

オーストラリア ホームステイ

スーツケースを持ってお部屋を案内。

オーストラリア ホームステイ オーストラリア ホームステイ
オーストラリア ホームステイ

玄関。子供たちのお部屋。キッチンと順を追って進んでいくと・・
子供の遊び場にちょこんと座ってゲームをしている可愛い男の子の姿が!

オーストラリア ホームステイ

4歳のTobyでした!
「Hi!」と言ってもゲームに夢中で初めはちゃんと顔を見てくれませんでしたが。。
これまたぷにぷにしててとっても可愛い!思わずほっぺた触ってしまいました。
Tobyはちょっと嫌そう・・笑。

10日間私が生活するお部屋に案内され中を見渡すと。
お部屋にはキレイな間接照明とキャンドルが灯してありました。
とても素敵なお部屋でした☆

部屋の中には改装中のバスルームがあり。
ステイする人達用のバスルームとして現在作っているとのこと。
木曜には完成するのでアナタが一人目よ♪と言ってくれました!
果たして完成するのか・・!?

オーストラリア ホームステイ

お部屋にスーツケースをおいて、子供たちの遊び場で話しているJunkoさんAngela, Garryに参加しようとすると・・

Tobyが「お外に行こう!」といきなりのお誘い♪
Sashaと3人で外でボールで遊んだり、Tobyが得意のスケートボードを見せてくれたり。
Tobyが水鉄砲を飼っているゴールデンレトリーバーのBoscoに向かって発射!!
Garryに思いっきり怒られてました(^^;

オーストラリア ホームステイ

こんな様子で子供たちと走り回り。到着10分でさっそくヘトヘトでした。。笑

そうこうしているうちにJunkoさんとのお別れの時間に。。

不安の中到着したシドニーで明るい向日葵のようなJunkoさんに最初に会えて
本当によかったです。

信頼できる方に出会えました。 なんでも相談したいと思える大切な方に出会いました。
Junkoさん♪ありがとうございました。

Junkoさんが行ってしまいファミリーと本格的に過ごす時間がスタート。
本来なら日本語が通じる相手がいなくなって不安に陥るところですが・・。
私の場合は逆でした。

Ellis家の4人をみてなんだかとっても安心しました。
この家族となら必ず素敵な関係が築ける。
今回の旅は絶対思い出に残る素晴らしい旅になる。
なんだかそんな気がしました。

理由は分かりませんが・・居心地のよさ。家族の温かさ。雰囲気。こどもたち。
すべてが自分にあっているような・・そんな気がしました。

Junkoさんが行ったとAngelaがハンガーなどを持ってきてくれて、お洋服の整理を始めました。
少しずつ整理をしていると・・・

「タッタッタッタッタッタ!!!」
・・と廊下から足音が。。??

なんと2歳のSashaがさっそく私の部屋に遊びに来てくれました!
もう私はメロメロです。。
カメラを取り出して一緒に写真を撮ろうとすると・・

オーストラリア ホームステイ

「take picture」
(写真とりたい)と私のカメラを取り上げました!!

「say cheese!」
(チーズって言って~)と何度も何度も私の写真を撮ってくれました。
荷物整理そっちのけで交代でお互いの写真をたくさん撮りました!

すると今度はTobyの登場!
二人してカメラの取り合いに!!ケンカ勃発!!
私はそこでTobyに私のI phoneを貸してあげました。それにもカメラ機能がついているので
それを渡すと・・

オーストラリア ホームステイ

「game!!」
I phoneでゲームがしたいとのこと!あいにく私のI phoneにはゲームは入っておらず。。
Tobyは飽きてどこかに行ってしまいました・・笑

その後もSashaは私の部屋にいてくれました。
Sashaはすぐに「Mayu」と名前を覚えてくれて何度も呼んでくれました。
一方Tobyはしばらく私のこと・・「student」と呼んでいましたが。。笑

そのままTobyと3人でメモリーというカードゲームをしました。
日本で言う「神経衰弱」です!
このメモリーゲームは10日間で20回以上したと思います・・
2人が大好きなゲームでした♪

その後Garryの気遣いで荷物整理をさせてもらい。
昼の2時頃・・さすがにフライトの疲れが出てきて眠くなってしまいました。。

GarryやAngelaも何度か「疲れてるなら寝ていいよ?」と言ってくれたので
一言「I need to get some sleep..」と伝え少し眠ることにしました。

お布団はふかふか。キャンドルの温かさもありすぐ眠れました。。
こんな様子で到着日の半日が終了しました♪

【ホストファミリーについて】へつづく♪

追伸:体験談へのご協力本当にありがとうございました。高井さんの、出発前の不安な気持ちよく分かります。出発前に不安や心配が100%なくなるということは難しいと思います。
(だって、形ある物ではなく、実際に見てみないと、行ってみないと分からないことも沢山ありますしね)

でも、その不安や心配を乗り越えて、一歩を踏み出した人しか見えない景色もあると思います。

そこで、自分が何を感じるか、自分がどう思うか、それにより新しい自分との出会いもあります。

今回の高井さんのシドニーでの留学生活が、高井さんに帰国後どんな変化をもたらすのか、とっても楽しみです。

心から感謝を込めて。

 ホームステイ資料請求
ホームステイ見積ホームステイセミナー
ホームステイ相談step05

このページの先頭へ