ホームステイ帰国後報告会(島村さん)

留学体験

 

カナダ・ホームステイから帰国後の報告会

今日は、カナダから2ヶ月前に帰国した島村さんと、帰国後の報告会をしました。
ホームステイ 体験
初めてのカウンセリングから7ヶ月ぶりにお会いした、
島村さんからは大きな成長が感じられました。
初めてのカウンセリングの時は、
お母様と一緒にお二人でお会いしました。

今回、1人での海外は初めてということで、
お母様も大切な娘を海外へ送るということもあり、
お母様を中心に色々とご相談していただきました。

 

その時の島村さんの印象は、お母様がいらっしゃったせいかわかりませんが、
留学以外のことはあまり深くはお話ししませんでしたが、
19歳としては落ち着いたまっすぐでしっかりと軸をもった方だと感じました。

 

そして、今日、島村さんとお会いして、カナダでの
色々なエピソードや感動したこと失敗談など聞かせていただきました。

お話しを聞かせていただく中で、
明らかに7ヶ月前の島村さんとは違う、
異国の地で自分1人で過ごしたという経験があるからでる、
自信に満ちた、1つ1つの言葉や表情が感じられました。

帰国後の体験談でも沢山カナダでの想い出を書いていただいておりますが、
楽しい経験の中にも、必ずある心配や不安の気持ち

今回は、別の切り口で『不安』ということをテーマに、
私が島村さんからお聞きしたことを少し。。。。

楽しいエピソードはこちらのホームステイ体験談から!!

 

カナダ ホームステイ 不安

 

今回、カナダ4週間の滞在の中で一番楽しかったことは、
語学学校での仲間との時間ということでした。
特に自分より2つ年上の女子大生との出会いをきっかけに
色々な国の学生と深く繋がるきっかけになったと。

 

留学をする方で、現地にいったら日本人がいないところがいい
語学学校は日本人の割合が少ないところが選択の最優先事項
という希望を持つ方も多いと思います。

もちろん、英語を学ぶ上で日本人と過ごすより、
ネイティブと過ごしていた方が上達は早いと思います。
ただ、留学やホームステイは、英語上達も目的の1つですが、
滞在する期間を有意義で楽しい時間にするには、
異国の地で過ごすからこその、色々な壁にぶつかることが多々あります。

特に到着から1週間くらいは、ホームシックになったり
なかなか生活になじめなかったりなど、
自分の力で乗り越えなければならい場面があります。

 

島村さんにもその時期はあったそうです。

 

到着日とその翌日くらいが、これから4週間ここで生活していけるのか?
という不安になったと。

島村さんはとても前向きな性格で、人との輪に入っていくことが上手な方なので、
3日目には不安も殆どなくなり、楽しむという気持ちにシフトできたといっていました。

そのきっかけは、語学学校での日本人留学生との出会いでした。
長い留学生活の中で、英語漬けになっていると、
たまには日本語で話ができる人がいると本当に良いリフレッシュになります。

 

私は、日本人で集まることがいいと言っているのではなく、
無理に日本人を避けて生活をする必要もないと思います。

島村さんも滞在中日本人と一緒にずっと過ごしていた訳ではなく、
その人から繋がった海外の留学生との交流で、
韓国や台湾、中東の国方々と過ごすことで、
カナダにいながら色々な国の文化や習慣を学べたと。。
(もちろん、会話は英語です)

 

そして今ではFacebookなどで繋がり、
いずれはお互いの国を訪れることも考えているとか。。。

 

もう一つは、分からないことを分からないとハッキリいうこと。

 

語学学校で無理に背伸びをせずに、分からないと始めに伝えることで、
周りが理解して色々なアドバイスやフォローをしてくれるようになり、
学校での島村さんのキャラ(立ち位置)がみんなとの距離を一気縮めることができた要因だと。。

 

カナダ ホームステイ 不安
語学学校後に1週間(実質3日間)だけですが、保育園ボランティアを体験しました。
日本の学校で実習一度だけボランティアを経験したことがあった島村さんですが、
海外での保育園に戸惑いました。(汗)

日本ではカリキュラムやボランティアにもしっかりと何をするのかなど、
細かく指示があるのが普通ですが、

海外(カナダ)では、いい意味で自由です。

 

初日は挨拶や荷物のことなど基本的な事を教えてもらったあとは、

では自由に。。。

日本人の感覚からすると、何をすればいいの?

と戸惑ってしまう。。。。

海外では自分から何をすれば良いのかを考え行動を起こす。

 

見よう見まねで子供達と触れ合いながら初日は過ごしたと。。(不安)

 

でも次の日からは積極的に子供達と関わり、
子供の可愛さに家に持って帰りたいくらい♪

 

そこで、次なる壁が、、、大人と違って、使っている単語は簡単だが、
いってることを状況をみて読み取ってくれるということはなく、
英語の壁に(ゴツ)子供達からの本を読んでのお願い!!!!

(ここでも英語の壁に。。)

子供が大好きな人やこれから保育系のお仕事に進む方にはとってもお勧めとのこと。

 

カナダ ホームステイ 不安

 

滞在中にビクトリア旅行のツアーをネットで予約
当日、友達と待ち合わせ場所にいくと、友人パソコンへ催行中止のメールが一通。

(ご理解とご協力に感謝致します!の一文。。。怒)

ビクトリアへ行く機会がラストチャンスだった島村さんとお供達。

ダウンタウンの予約を入れた旅行会社へ乗り込んでいきました!!

あいにくオフィスには日本人スタッフや日本語が話せるスタッフがおらず、
まだまだ未熟な英語で思いを2人で。。。。

その後、前向きな2人は、英語でカナダ人にクレームを言う機会なんて滅多にない!
良い機会だったと、別の観光地へ2人で出かけていきました。。。

 

カナダ ホームステイ 不安

 

当時を振り返り、島村さんも最初は

『英語が上手に話せない』
『相手のいっていることが分からない』
『言いたいことが伝わらない』
『思っていることを口に出すことができない』

という悩みが常に頭をめぐって、びくびく、うじうじしていたと。

 

そして、『1ヶ月後、私は胸を張って日本に帰ることができるのだろうか?』と、
とても不安に感じていました。

 

でも、3週間の語学学校を終え、残すも1週間となった時、
そんな不安な気持ちは全くなくなりました。

 

そのきっかけをくれたのが、現地スタッフのツアーでの一言

 

3週間居たYuiと昨日今日到着した子は違う

 

ホームステイ 体験 写真

到着の時の不安の固まりの私を知っているスタッフから、
3週間後、自分では分からなかった自分の成長に気付かせてもらい、
自分の自信にもつながりました。

 

その言葉が自分の心に染み渡り、

 

『自分は間違ってなかった』
『ここに来て良かった』

 

と強く思うことができました。

 

今回の留学を通して、たくさんの出会い、別れを経験し、
たくさんの『初めて』を感じ、たくさんの自信を得ることができました。

 

そんな、体験談では書ききれない、今だから全て良い想い出の思える不安な経験を含め、
色々と4時間以上お話しをさせてもらいましたが、とても楽しい報告会で、

あっという間の時間でした。

 

島村さんは、現在大学2年生。

将来どのような道に進むかまだ探っている状態ですが、
この経験がこれからの人生で、
少しでも活かされていくことを心から願っています。

最後に、当社の印象について一言いただきました。(感謝)

 

島村さんのホームステイ体験談はこちらから

ホームステイ 体験談

 

ホームステイ資料請求
ホームステイ見積請求ホームステイ相談ホームステイ カウンセリング

ホームステイ 小冊子

このページの先頭へ