ETAS(Electronic Travel Authority System)について

Q3.ETAS(Electronic Travel Authority System)について

A.ETAS(イータス)とは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略。直訳すれば、「電子旅行許可システム」。最後のSを取って「ETA」(イーティーエー)と呼ぶこともあります。イータスと呼ばれ、パスポートにスタンプを押印するビザ発給方法に代わり、オーストラリア政府のコンピュータにオンラインでビザ(査証)登録し、入国許可を済ませる「電子渡航許可」制度です。オーストラリア入国時の審査がスムーズに行われる為のものです。

旅行者の情報、名前、生年月日、パスポート番号などを、オーストラリア移民局のホストコンピューターに電子的に送りチェック、問題なければホストコンピューターに登録の可否が保存され、電子的に登録の通知が、申請代理人に戻ってくる仕組みになっています。オーストラリア滞在日数が3ヶ月以内の渡航者がこの制度を利用します。渡航目的は観光または商用に限られます。

【申請資格】

ETAS(イータス)を取得するのには、下記の申請資格を満たしている必要があります。

1. ETAS対象国籍のパスポート所持者(日本)
2. 訪問目的が、「観光」「親族訪問」「ビジネスミーティング」等
3. 3ヶ月以内の滞在
4. 健康であり犯罪歴がない

【2種類のETAS/(渡航目的により)】

● 観光「T」

1年間、またはパスポートの残存有効期間のどちらか短い方まで有効で、
この間同じ目的なら何度でも入国できます。

● 短期商用「B」

1年間、またはパスポートの残存有効期間のどちらか短い方まで有効で、
この間同じ目的なら何度でも入国できます。

【取得方法】

方法1:オーストラリア政府移民局のWEBサイト

オーストラリアの観光ビザのETAS(イータス)の申請は無料ですが、
オーストラリア政府移民局のWEBサイトから申請した場合無料では取得することはできません。
オーストラリア政府に対する申請料は無料ですが、ETASの取得には20ドルがかかります。
分かりにくいですが、「申請料金は無料」ですが、オーストラリア政府が使っているサイト(申請者用ETASのオンラインシステムの開発・運営をしている会社)への「システム利用料金」が20ドルかかる、という仕組みになっています。費用面でいますと、他の方法よりも少し高くなりますが、オーストラリア政府移民局(公式サイト)のシステムなので、「安心感」が得られるので、安心料といった感じですね。

オーストラリア政府・移民局
https://www.eta.immi.gov.au/ETA/etas.jsp?locale=japanese

費用:20ドル

方法2:(日本の)旅行会社、格安航空券会社へ依頼

JTB、日本旅行、HISなど、日本の旅行会社・格安航空券会社に、ETASの申請をお願いする事もできます。ホームステイや留学場合は、航空券を購入した旅行会社・格安航空券会社に一緒にETAS(イータス)の申請もお願いすること多いです。

オーストラリア政府移民局のサイト同様、安心感と手間がかからないのがメリットです。ただ、料金(申請代行料金)はやや高めで大手各社の場合、約3000~4000円、中小各社で約1000~2000円が基準かと思います。

費用:約1000円~約4000円

方法3:ETAS登録代行業者へ依頼

最近、一番多くの方が利用している方法だと思います。
「ETAS登録代行業者」といっても様々で、ETAS登録のみを行っているところ、本業が旅行会社等で別部門ETAS登録を行っているところ、個人サイトなどです。
一般的に、オフライン(店頭)で申込受付ではなく、インターネットから申込&カード支払い&登録証の発行、全てをオンラインで完結しています。この方法のメリットは安さです。
オーストラリア政府移民局のサイトより安く、最近では1000円を切る料金の会社もあります。
(オーストラリア政府移民局のサイトが20ドルかかるので、これらのETAS代行業者に頼むと、 ETAS代行業者の料金にプラス$20かかると誤解している人もいますが、前記の通り、ETASの申請手数料自体は無料でので、ETAS代行業者の「登録代行手数料」しかかかりません。)ただ、ETAS登録代行業者は、インターネット専業の所も多いので、利用にあたり若干不安を覚えるのも事実です。

当社のお客様がよく利用しているサイトはこちらのようです。(価格500円)

イータス等海外ビザ申請代行【株式会社ビューグラント】
http://shop.viewgrant.com/

ホームステイでよくある質問(実例)

■質問
オーストラリア観光ビザは必要?

□回答
日本人が、観光目的(ホームステイも含む)で短期(3ヶ月未満)でオーストラリアにいく場合は観光ビザの取得が必要です。ただ、観光ビザといっても、大使館などに行ったり面接をしたり、パスポート提出してスタンプ(シール)を貼ってもらうなどするする必要はありません。「ETAS」(イータス)と呼ばれる、簡単な手続で取得できる、「電子ビザ」を取得すれば渡豪できます。

■質問
ETASにはスタンプ(シール)はあるの?

□回答
ETASにはパスポートへのスタンプ(シール)はありません。ETAS(イータス)は、「電子ビザ」ですので、自動的にオーストラリア移民局のホストコンピューターに登録されます。全てペーパーレスで処理されるので、オーストラリア入国の際に持っていなくて良いのですが、それだと不安に思う人が多いので、各ETASの申請業者は自社で「ETAS登録証明書」を作成し、申請者に対して発行しているところもあります。この「ETAS登録証明書」は、その会社が私的に発行しているものであり、オーストラリア移民局発行の正式書類ではありません。また、オーストラリア移民局の発行する「ETAS登録証明書」というのもありません。「ETAS登録証明書」がない、持参するのを忘れたとしても問題ありません。

■質問
空港の航空会社のチェックインカウンターでは?

□回答
通常、チェックインスタッフがETAS(又は他の有効なビザ)を乗客が持っているかを、航空会社のシステムで照合&チェックします。皆さんがそこで行うことはありません。その為、オーストラリア入国審査の段階で「ETAS取っていない!」と入国審査官から言われることはまずありません。(航空会社がチェックをすることが義務になっており、 ETASを取っていない乗客を乗た場合は罰金もあるということです。)

■質問
ETASの申請時に、間違ったパスポート番号で申請してしまいました。一応ETASは取れましたが、このままで問題ないですか?

□回答
問題ありますので、必ず、ETASを取り直してください。そのままですと、入国の際に問題となります。

■質問
ETASを持っていれば、必ずオーストラリアに入国できるのでしょうか?

□回答
ETAS(VISA)は、入国審査を受ける資格だけで、入国の際の入国審査官が審査をし問題がなければ入国が認められるという流れになります。

■質問
成田空港でチェックインの際にETASを取っていないことが発覚しました。どうしたら良いですか?

□回答
1.航空会社職員にETASをこれから取れないか確認。聞いてください。
2.(カウンター方が分からない場合)スパーバイザーを呼んでもらう。
3.スパーバイザーに航空会社の使っているシステムを通して、ETASの手配をお願いする。
(ただ、そのやり方を航空会社スタッフが知っているかどうかは何とも言えません)

■質問
パスポートの有効期限が3ヶ月をきっています。ETASを申請できますか?

□回答
ETASの申請はできます。ただ、通常ETASは取得日から1年間有効ですが、その際は、パスポートの期限がきれた時点で無効になります。

<よくある質問(FAQ)に戻る>

ホームステイ資料請求
ホームステイ見積ホームステイ相談ホームステイ カウンセリング

このページの先頭へ