オーストラリア現地レポート(ブルーマウンテンズ)

2000年に世界遺産(自然遺産)として登録されたブルーマウンテンズ(Blue Mountains)。

オーストラリア 留学
シドニーシティから車で2時間、約100KM西に広がる丘陵地帯のことをいうが、コーヒーの産地ジャマイカのブルーマウンテンと勘違いしている人がいるとかいないとか。ユーカリの木が出す油(ユーカリプタス・オイル)が陽に反射し、青々と見えるからというのが名前の由来だ。

オーストラリア 留学

ビクトリア州からクイーンズランド州まで連なる山脈の正式名称は「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域(Greater Blue Mountain Area)」。

91種類ものユーカリが自生する山々として有名だが、実は一番高いところでも海抜1,000mほどしかない。

シドニーシティから山の麓まで約1時間、そこからゆっくりと山を上り始める。どちらかというと高原に近いこの山々は、急カーブを曲がりながらというよりも蛇行しながら登っていくといった方が正しいかも。

シドニーからたった100KMしか離れていないとは思えないほど空気が澄み、高層ビルもなく、ただひたすら緑が広がっているこの環境は、シドニーっ子達にとっては格好の訪問先だ。

オーストラリア 留学

スリーシスターズやシーニックワールドなどお決まりコースの日帰り観光も良いが、夕陽に染まる木々のじゅうたん、そして早朝雲が山々の間に深く沈みこむ光景は一見の価値ありだ。

ほかにも古い時代の伝統を保った数々の建物、カフェなどをはじめ、美しく手入れされた家々の庭もまたこのブルーマウンテンズの魅力を引き立てる。

オーストラリア 留学

このオーストラリア大陸が他の大陸と離れる前の痕跡を残した貴重な遺産の数々。

ブッシュウォークを楽しみながら、昔に思いを馳せるものまた楽しみの一つかもしれない。

<現地レポート一覧へ>

 ホームステイ資料請求
ホームステイ見積ホームステイセミナー
ホームステイ相談step05

このページの先頭へ