ニュージーランド現地レポート(ワイン王国)

ニュージーランドに恋焦がれたひとつの理由にお酒好きにはたまらない、「ワインが美味しい!!」ということ。

ニュージーランド 留学

今、ちょうど秋・・・そしてこれから冬を迎えようとしている南半球のニュージーランドでは暖炉を囲み、ファミリーとゆったりと語り合う時間を楽しめると思います。

そのお供をしてくれるのが、日本で有名なイタリア・フランスのワインなんて比べ物にならないほど最高に「美味」なニュージーランドのワインです。

「え?そうなの?」と思われる方もまだまだ多いと思います。

皆さん、侮るなかれ!!日本では稀少なニュージーランドワイン、まだまだ有名でもないのですが、その美味を知っている方はイタリアワインなんてもう飲めません!!

ニュージーランド 留学

最高にフルーティーでぶどうの芳醇な香りが響きます。

ワインを片手にゆらゆらと揺れる暖炉の炎を眺めながら語らい合う。

最高に贅沢なひと時が訪れます。

そんなニュージーランドにはたくさんのワイナリーがあります。ワイナリーとはぶどう酒醸造所なのですが、ここは「ワインはちょっと・・」という方にも是非訪れてほしい場所です。

広大な土地一面にぶどうの樹が列をなし、敷地内にはレストランや美しいガーデンを併設しているところが多く、各国の観光客から地元の人まで数多くの心を魅了する景色が広がっています。

試飲をしながら、「我が子」のようなワインについて自信を持って語るワイナリーオーナーの話を聞くだけでも楽しめます。

ニュージーランド 留学

私がワイナリー巡りをした場所は北島東部のホークスベイ、ネーピアでした。

ワイナリー巡りのマップをインフォメーションセンターでもらい、開いてみると・・・もうそこには「どこから周ればいいのかしら?」と思うくらい多くのワイナリーの分布図がありました。

とりあえず5軒のワイナリーをピックアップして、有名どころから訪れ始めました。

それぞれのワイナリーが趣向をこらしたエントランスで迎え入れてくれて、ワインの説明をしてくれます。そしてその自慢のワインをいざ試飲!!

街のレストランで同じブランドのものをすでに飲んだことはあったのですが、もうそのテイストの違いはワイン初心者にも「!?」と思わせるものです!!

口へとグラスを近づけた瞬間、フワ-っとした甘いぶどうの香りが漂います。

そして口へ入れたら・・・暫く無言です。言葉が出てこないほど香りと味がカラダの中を包みます。

そして、出てきた言葉は皆揃って「BEAUTIFUL!!」という言葉でした。

ニュージーランド 留学

シャルドネーからソービニオンブラン、リースリングの白ワインからシラーズ、カルベネソービニオンやメルローなどの赤ワインまでたくさんの種類がそれぞれあり、あれもこれも試飲して気分はもう最高です。

結局、2日で10軒周って1軒ごとに約5~6種類のワインの味を堪能してきました。そして特に気に入ったものを買い込んでいくと、帰るころには車のトランクはすっかりワインのオンパレード!!ファミリーは今だに「ワインを見ると、あの時のトランクを思い出す」と言われます。

素敵なワインを素敵な家族、恋人、仲間と語らいながら飲むのもまた格別ですね。

ワインが苦手な方もあの空間は充分に楽しめますので、是非一度訪れてみてください。

ニュージーランド 留学

とっておきのワイナリーととっておきのワインが見つかれば思い出とともにボトルを飾っておいてもおしゃれですよね。

私のお気に入りは、とあるワイナリーで見つけたノーラベルのスイートワインです。そのワイナリーでその年にたった50本しか造れなかった貴重なワインです。レストランやお店に卸すことができないため、ラベルも貼らずにワイナリーに保管しているとのこと。

たまたま気さくなおじさんが対応してくれたため、特別に試飲をさせていただきました。もう言葉にならないおいしさでした。そしてまたラベルがないという不思議なボトルにも惹かれて買ってしまいました。

それを大切な人たちと飲んだとき、とても幸せな気持ちになりました。そしてそのボトルを見るたび、今もその語らいの風景が目に浮かんで温かくなります。家族の大切さであったり、ニュージーランドの素晴らしさを私に語りかけてくれるワインでした。

あなたにとって特別なワインを見つけるために、ニュージーランドのワイナリーを訪れてみませんか?

<現地レポート一覧へ>

 ホームステイ資料請求ホームステイ見積ホームステイセミナーホームステイ相談step05

このページの先頭へ