ホームステイでの格安航空券手配の時期について

Q9. ホームステイでの格安航空券手配の時期について

ホームステイ(海外)に行くには、必ず航空券の手配が必要になりますね。
こちらでは、航空券の手配にあたっての豆知識や手配の時期などについてご案内いたします。

航空券の手配の時期

航空券の手配の時期を考える時に、知っておいた方がよいこととして、繁忙期と閑散期ということがあります。

【繁忙期】 多くの方が休みで旅行に出かける時期のこと
【閑散期】 これは繁忙期以外の時期のこと

では、繁忙期とはいつなのか??

・夏休み(7月、8月)
・シルバーウィーク(9月)
・冬休み【年末年始】(12月後半~1月初旬)
・春休み(3月)
・GW(5月)

では、手配の時期のお話しに入ります。
繁忙期の時期にホームステイ(留学)を考えている方は、学校の休みなど日程が決まっているようでしたら、少しでも早い段階での航空券の予約手配をお勧めいたします。
社会人の方で会社の休みがなかなか決まらないという方は仕方ありませんが、それでも休みが決まり次第、航空券の手配を行っていただくと良いと思います。

早めに手配予約することで、キャンセルの際などのデメリットはございますが、早割など早めに予約することで安く購入できるチケットも多くあります。

また、空席の関係もあります。

繁忙期のようなみんなが休みの時期は、海外へ旅行される方々も多いですので、安いお席から満席になっていきます。休みは取れたけど航空券の席が取れないということも多々あります。

その為、いつまでに手配を始めるか!?という正確な答えはありませんが、繁忙期は遅くとも3ヶ月前までには一度、格安航空券会社やインターネット等で料金や空き状況を確認していただくのが良いと思います。

予備知識:曜日による料金の違い

航空券の料金では週末料金という設定があります。
日本出発が週末(金曜、土曜)
現地出発が週末(金曜、土曜)

の場合、通常料金より3000円~5000円追加というチケットが多いです。

予備知識:繁忙期の料金の違い

繁忙期は一日出発日や帰国日が違うだけで、数万円料金がかわることがあります。
もし、旅程に多少の融通が効くようでしたら、前後の日程も確認していただくとお安いチケットがみつかることも。。

予備知識:雑誌やインターネットに掲載されている激安料金

よく、雑誌やインターネットの格安航空券サイトに、
アメリカ 3.98万円 ヨーロッパ 5.98万円など、

格安の情報が記載されていますが、それを鵜呑みにしないということをお勧めします。
安いには理由があります。(特別なキャンペーンは別としまして)
例えば、アメリカ・カナダ 3.98万円でしたら、単純にこれでアメリカに行ける!
ということではありまえん。
(どこか小さく、税金燃料税は別。など記載があると思います。)

現在、アメリカやカナダに行く場合、燃料税等が約4~5万円程かかります。
(航空会社や経由地にもよりますが。。)

つまり、8~9万円程航空券代としてかかるということになります。

そして、こういうチケットの多くは経由便です。

アジアを経由してアメリカやカナダに行く。
(直行便に比べて、5時間以上長いフライトになることが多いです。フライトにより、乗り継ぎ空港で4,5時間待つということも多々。)

業界では、このような掲載をアイキャッチ(目を留めてもらう)といっています。

つまり、信じられないような金額を載せることで、お問い合わせをいただくためのマーケティングですね。

もちろん、そのチケットが存在しないわけではありませんので、時間にゆとりがあって、何時間かかっても安い方が良いという方には価値のあるチケットかと。。。。

結論としましては、やはり、航空券は少しでも早めの情報収集をして、日程が決まった時点で早めに予約をするにつきると思います。(閑散期はそれほど焦る必要はないかと思いますが。。)

<ホームステイQ&Aに戻る>

ホームステイ 小冊子

ホームステイ資料請求
ホームステイ見積ホームステイ相談ホームステイ カウンセリング

このページの先頭へ