ニュージーランド基本情報2

 

 

ニュージーランド基本情報
ニュージーランド留学|オークランドのメリット ニュージーランド留学|滞在方法 ニュージーランド留学|留学費用 ニュージーランド留学|基礎知識

 

交通事情

■自動車
ニュージーランドは日本と同様、右ハンドル車での左車線走行となります。交通ルールは日本とよく似ていますが、一点大きな違いは、ニュージーランドの場合、右折優先となります。

一年間有効の国際免許証をお持ちになれば、ニュージーランドで運転することができますが、ガソリンスタンドや本屋で売っている、交通法規教本を読んで、ニュージーランドの交通ルールを理解してから運転しましょう。

■路線バス
ニュージーランドでは、バスが通勤通学など生活の足として広く利用されています。路線バス料金は『ステージ』と呼ばれ、区間によって異なります。1ステージから始まり、距離が離れステージ数が増えるごとに運賃も上がります。

運賃の支払いかたは、乗車の際に運転手に直接現金を渡します。行き先を言えば運転手が料金を教えてくれます。バスに乗る時は小銭を用意しておくと良いでしょう。

オークランドには数社のバス会社が運行しており、各バス会社が発行する回数券や定期券などもありますので上手に利用しましょう。

ニュージーランドの路線バスは日本のようにアナウンスがありません。自分が降りるバス停に近づいたらブザーを押したり紐を引っぱったりして、ドライバーに知らせます。初めて行く場所で、降りるバス停がわからない場合は、乗車時にドライバーに行き先を伝え、ドライバーのすぐ側に座っておき、着いたら教えるように頼んでおくと良いでしょう。

オークランドにはCity Circuit Busという無料循環バスが市内中心部を回っています。また、Link Busというオークランドの主要地域を循環しているバスもあります。

■鉄道
オークランドでは通勤や通学に電車を利用している人もいます。しかしニュージーランドの鉄道は、日本のように時刻表通りに急いで移動する乗り物というよりは、雄大な自然を見ながらゆっくりと楽しむ乗り物です。ニュージーランド国内を旅行する際はのんびりしたニュージーランドの列車の旅を楽しんでみるのもいいでしょう。

■タクシー
ニュージーランドでタクシーに乗るときは電話をして来てもらうか、街中やホテルなどのタクシー乗り場から乗車するのが一般的です。日本のように道から手を挙げて走行中のタクシーを止める、ということはあまりありません。日本と違ってタクシーのドアは自動ドアではありません。運賃は日本と同様、メーター表示されます。メーターで表示された金額以上のチップを払う必要はありません。

病気・怪我

ニュージーランドの医療水準は高く、救急医療システムも整っています。しかし日本とは医療システムが異なります。

ニュージーランドではまずGP(General Practitioner)と言われる一般総合医にかかり、そこから必要に応じて専門医や検査機関に回されます。診察には通常予約が必要です。予約することによって待たされることも次の患者を気にすることも無く、ゆったりした十分な診察が保証されます。薬の多くは処方箋を必要としますので、医者にかかってからしか手に入りません。

病気で医者に掛かる場合、ニュージーランド市民や永住権保持者の場合、公立病院での医療費用は基本的に無料ですが、学生、観光、ワーキングホリデービザなどでニュージーランドに滞在している方の場合、公立、私立病院で発生する費用はすべて有料となります。

そのため海外旅行障害保険への加入は必須となります。

保険会社と提携した一部の病院では、病院⇔保険会社間でやりとりを行い、被保険者の保険申請の手間を省いたキャッシュレスサービスがあり、診察時にお金を支払う必要がありません。提携外の病院でも一旦は立て替えになりますが、ニュージーランド滞在時または日本帰国後、保険会社に請求することになるので、必ず診断書と領収書は保管しておくようにしましょう。

またオークランドには日本人看護士が医者・患者間の会話を無料で通訳してくれる病院もあります。
他にも電話での無料日本語医療サポートセンターがありますので、病気にかかったとき、医療用語や近隣にあるGPの場所など相談できます。
電話

ニュージーランドでは「TELECOM」に加入している一般家庭電話間の市内通話は無料となります。(エリアコードを必要とする)市外通話や携帯電話への通話は料金がかかります。

日本の両親や友達、恋人に電話をかけるときに便利なのが国際電話プリペイドカード。最近は日本のコンビニでも販売されていますが、現地で購入すれば、平均 1分間10セント前後で日本との通話が可能です。もちろん日本の携帯電話にもかけることができますし、ニュージーランド国内の家庭電話や携帯電話にもかけることができます。

プリペイドカードを使えば、ホームステイ期間中でもホストファミリーに電話代の負担をかけることなく国際電話ができます。
インターネット

多くの方がニュージーランドにノートパソコンを持ってきますが、メールをするだけなら街中にインターネット・カフェが数多くあり、1時間2ドルというところもあります。ほとんどのインターネット・カフェで日本語に対応しています。

インターネットに接続する場合は現地でプロバイダーと契約することになります。
ニュージーランドでは光通信はまだまだ高額で、通信速度はまだまだ日本ほど早くありませんが、家庭でのインターネットはADSLが主流となってきています。市内通話無料のニュージーランドではダイヤルアップだと費用を抑えることができます。

食事

ニュージーランド家庭の食生活は基本的に質素です。肉・ゆでた野菜類、そしてパンが基本です。もちろん家庭によって様々ですが、味付けもシンプルです。

イギリス系移民の多いニュージーランドではフィッシュアンドチップスのお店がたくさんあります。その他、オークランドには中華料理、韓国料理、日本料理、タイ料理などのアジア系レストランやイタリア料理、トルコ料理、メキシコ料理などの世界各国のレストランがあります。また,日系食材店もありますので、日本のご飯が恋しくなったら自分で作ってみるのもいいでしょう。
郵便

ニュージーランドの郵便局はNew Zealand Postと呼ばれています。郵便局はショッピングセンターやスーパーマーケットなどの一角にある場合も多く、買物のついでに立ち寄ることができます。郵便局では郵便サービスのほかに、電気・電話など公共料金の支払いもできます。また、文房具、梱包・包装材、レターセット、カードなど郵便に必要なものはたいてい販売されています。

電気・水道

ニュージーランドの電圧は、230/240ボルト、50ヘルツです。コンセントは、2極または3極式のフラットタイプのプラグです。日本の電気機器には変圧器が必要になります。

ニュージーランド各地の都市、町には、給水設備があります。ニュージーランドの水道水は生活用水として利用するだけでなく、安心して飲むことができます。

ニュージーランドにはガスがあまり普及しておらず、一部の地域で都市ガスが利用できる程度です。(プロパンガスを利用している家庭もあります)そのため、多くの家庭のキッチンにはガスコンロではなく、電気コンロが設置されています。

また通常、家庭には大なり小なりタンクが設置されており、家庭で使うお湯はタンクに貯めた水を沸かして使用されています。タンクの大きさにもよりますが、短時間で集中的にお湯を使用すると、タンクで沸かしていたお湯がなくなってしまいます。そしてタンクに水を溜め、お湯を沸かすまでに相当の時間がかかります。

ですのでホームステイなどニュージーランド家庭でシャワーを使用したり、キッチンで洗い物をする際は、できるだけお湯を出す時間を短くしましょう。

シャワーなどのお湯をたくさん使うとタンクに熱湯がなくなり、シャワーからは水しか出なくなってしまいます。

また飲み水としてのミネラルウォ-ターにはStill Water(炭酸なし), Sparkling Water(炭酸あり)の2種類があります。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでミネラルウォ-ターを購入する際や、レストランで水を注文する際は注意しましょう。
お金・物価

野菜や肉類などの物価は安く、文具や工業製品あるいはぜいたく品などは高いのが特徴です。日本ではパソコンや携帯電話などは最新の機種が揃いますが、ニュージーランドではほとんどの製品を輸入に頼っていますから商品の選択肢も少なく、比較的高額です。生活に必要なものはもちろん国内で揃います。

観光・スポーツ

ニュージーランドの国技として国民に最も親しまれているスポーツといえばラグビーです。日本でも有名な「オール・ブラックス」とよばれるニュージーランド代表チームは、全国民の注目の的です。そしてラグビーと同じぐらい人気があるのがクリケットです。最近ではサッカーも人気が高く、今年度のトヨタカップにはオークランドFCがオセアニア代表として出場しました。

女性に人気ナンバー1のスポーツといえばネットボールでしょう。

どれもイギリス生まれのスポーツで、イギリスの影響を色濃く残しています。

また、ウィンタースポーツは北島、南島の山々で楽しむことができます。北半球が夏の時期、ニュージーランドは冬となるため、世界の有名選手がニュージーランドにくることもあります。スキー&スノーボードのできる観光地といえば南島のクイーンズタウンです。クイーンズタウンでは競技会やイベントも開催されスキー客や観光客で季節を問わずいつも賑わっています。

アウトドアスポーツをするにはもってこいのニュージーランドでは、バンジージャンプ、ジェットボート、スカイダイビング、サーフィン、スキューバダイビングなどスリル満載のアクティビティを体験することができます。

また、City of the Sailsの愛称でもしられるオークランドでは、マリンスポーツも盛んで世界各国の大金持ちがニュージーランドにヨットを停泊させているそうです。

ニュージーランド留学|オークランドのメリット ニュージーランド留学|滞在方法 ニュージーランド留学|留学費用 ニュージーランド留学|基礎知識

 

このページの先頭へ